たか菜肉まん

日本最南端のスキー場が五ヶ瀬町にできたのをきっかけに、訪れる人たちに温まってもらおうと作ったのが最初。
当初は、普通にあんこ入りでしたが、「甘くないまんじゅうが食べたい」というリクエストが予想外に多かったので、急遽知恵を出し合い、長野県名物の「おやき」をヒントにし、たどり着いたのが『たかな肉まん』でした。

その後は、鞍岡の中心街にあった「曽我部商店」の故・曽我部房子さんが改良に改良を加え、秘伝のレシピを完成させました。
その味は口伝えで評判となり、CMに使われてからは人気爆発。
2017年8月に房子さんが逝去されてからは、お嫁さんであり発案者でもある里美さんが意志を継ぎ、地元のご婦人方と作っています。

材料としては、具に阿蘇高菜、豚肉ミンチ、裏山で採ったタケノコ、みりん、ごま油、唐辛子、塩、醤油が、皮には国産小麦粉、卵、砂糖、ベーキングパウダーが使われています。
保存料は一切入っておらず、冷凍状態で販売されています。
保存期間は冷凍状態で30日、解凍後は2日です。

具材仕入れの関係で、販売期間も11月〜翌4月と限られています。
また、フル稼働しても1日150個(6個入25袋)が生産の限界であり、午後だと売り切れてしまうことも多いのです。

食べ方としては、蒸す場合は13〜15分、レンジの場合は2個で2分程度。
湯気が上がるまんじゅうのてっぺんを少し破って、袋についてくる完全オーガニックなオリジナル薬味「唐辛子の麹漬け」を少しつけて食べると、うまさが増します。

*「唐辛子の麹漬け」は瓶で別売りもしています。

買えるお店は、五ヶ瀬町近辺に限られています。
オープン期間中の五ヶ瀬ハイランドスキー場、五ヶ瀬町特産センター、隣町の熊本県山都町にある蘇陽病院内の売店「まみはら屋」のほか、イベント等で延岡市のスーパー「日の出」で販売することもあります。

通販にて購入可能ですが、詳しいことは製造元である「ふるさとグループ」まで、直接お尋ねください。
外国の方の問い合わせは郵便かファックスにてもらえると、海外居住体験のある里美さんの旦那様が英語にて文書対応可能とのことです。
ただし、配送は日本国内限定です。カードでの購入は不可、日本円現金のみ可です。(Payment:Japanese Yen Cash Only,Cards Unavailable)

問合せ・注文先(Apply)
ふるさとグループ 代表:曽我部里美
電話:0982-83-2488
FAX:0982-83-2120
住所:〒882-1201 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町鞍岡2847
Satomi Sokabe(Furusato Group)
zip 882-1201 Kuraoka 2847,Gokase,Miyazaki

投稿日:2019年1月18日 更新日:

Copyright© フォレストピア・スーベニア , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.