流しそうめん

店名:千穂の家
住所:〒882-1101 西臼杵郡高千穂町三田井御塩井(高千穂峡内)
電話:0982-72-2115
営業:9時〜16時半
休日:不定休
駐車場:高千穂峡の有料駐車場利用
支払:日本円の現金のみ

高千穂は「流しそうめん」発祥の地。夏の風物詩だったが、観光客のリクエストに応え、「千穂の家」では通年で提供するようになっています。店の入口に「昭和参拾年創業 元祖流しそうめん」の看板があります。かれこれ65年近くの歴史を誇っているのです。

竹を縦に割って水を通し、流れる細く白い麺を箸ですくって食べるという趣向が受けました。土間に木造の屋根を載せた素朴な建物の中には4本の竹の樋(とい)が横たわり、ここでそうめんを流してくれます。流れる水は、すぐ近くの玉垂れの滝の清水を引っ張ってきたもので、夏場でもキリッと冷たく、飲んでも美味しいです。

近年は、わざわざ「流しそうめん」のためにだけ、福岡や熊本などの空港から、車を走らせて訪ねてくる外国人ツーリストもいるくらい大人気となっています。

夏場は、「千歩の家」隣の「田舎屋」でも食べられます。

投稿日:2019年3月18日 更新日:

Copyright© フォレストピア・スーベニア , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.