※この活動は平成31年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催されます。

宮崎県北部山沿いのフォレストピア高千穂郷エリアは、平成27年12月に世界農業遺産「高千穂郷・椎葉山地域」に認定されました。
認定をきっかけに、フォレストピア地域である「高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町・椎葉村・諸塚村」の五町村は、連携をしながら様々な取り組みを始めています。
本HPでは、五ヶ瀬町大石の小さな荒れ地をヤボ焼きにして雑穀を栽培する「ヤボ焼き雑穀」、椎葉村向山で地元の方と交流しながら雑穀栽培・料理教室が体験できる「焼畑雑穀」、希少な食用さつまいも”あやこまち”を使用した「オリジナル焼酎作り」の3種類のオーナー制度を紹介いたします。



田畑や草原は、人が手を掛けて保たれている物で、放置すれば直ぐに荒れた山になってしまいます。
「ヤボ焼き」は草を刈り、その草を焼くことで肥料とし、同時に雑草の繁殖を抑える昔ながらの農業手法です。
そこで雑穀を栽培します。



2500年前から受け継がれる循環型農法焼畑を行う椎葉村向山で雑穀の栽培から収穫、調理を行います。
雑穀には日本人に必要な栄養素がたくさん含まれています。
椎葉村向山の営みを体感しながら、心も体も元気になりましょう!



果肉が鮮やかなオレンジ色のさつまいも「あやこまち」を使用したオリジナルの焼酎を造ります。
夕日の里にぴったりの原材料「あやこまち」は、糖度が高く、カロテンが多く含まれる健康食品です。
皆さんと一緒に試行錯誤しながら、世界のどこにもない、とっても美味しい焼酎を造りましょう!



後継者がおらず、5年間荒れていた「鳥の巣棚田」。
フットパスや世界農業遺産に認定されたことをきっかけに、五ヶ瀬自然学校と地元高齢者で畑として再生しました。
生でも食べられる果物のようなとうもろこし、「スイートコーンゴールドラッシュ」という品種を栽培しています。
地元の方々と交流しながら、五ヶ瀬の自然を感じながら、とうもろこしの植え付けや収穫をしてみませんか?


焼畑では「一焼百生」という言葉があり、焼いた所では多く植物が芽吹き、生き物や湧き水の量が増えたと言われています。
火入れをした椎葉の焼畑で季節ごとに生き物調査を行います。

令和元年度 オーナー制度特典紹介

五ヶ瀬町「ヤボ焼き雑穀」&椎葉村「焼畑雑穀」
☆とうきび・ひえ・あわ(椎葉産)
☆たかきび・そばの実(五ヶ瀬産)
☆雑穀クッキー(のさっとや)
☆天然酵母・石窯焼き雑穀パン(樂流)
雑穀栽培のノウハウを学びたい!
椎葉や五ヶ瀬の空気を感じてみたい!
そんな方々と共に雑穀栽培をしました。
種蒔や収穫、脱穀からそば打ち体験などなど…
1年を通して雑穀と触れ合えるイベントです!

五ヶ瀬町「焼酎夕日の里」
原材料:あやこまち(予定)
内容量:720ml
度 数:25度
五ヶ瀬町桑野内でオリジナル焼酎を作ろう!
みんなでアイディアを出し合いました。
原材料は夕日の里らしいオレンジ色の芋。

地元の方とオーナーが一丸となり、植え付けから収穫を経て…
オリジナル焼酎「夕日の里」が完成しました!

投稿日:2018年1月31日 更新日:

Copyright© フォレストピア・オーナー制度 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.