未分類

五ヶ瀬の里キャンプ村発『五ヶ瀬自然学校体験記』その1

投稿日:2018年3月20日 更新日:

神奈川県在住の大学一年生、小原壮史は今、
宮崎県五ヶ瀬町のNPO法人五ヶ瀬自然学校でお手伝いをさせてもらっています。

そもそも、なぜ神奈川県に住んでいる19歳が宮崎県のNPOでお手伝いさせてもらっているかというと、

さかのぼること3週間前...

寒い冬がとても嫌で、春休みになってから家を飛び出しヒッチハイクで九州を旅していました。鹿児島県の指宿市の砂風呂に入るために向かっている途中、乗せてもらった車の車内で面白いことを耳にしました。

「世界中を旅した後、宮崎県の五ヶ瀬というところで
杉田さんというおもしろいことをやっている人がいるんだよ。」

何故か分かりませんがその時僕は、直感でこの人に何が何でも会って話を聞いてみたい!!
と思い、次の目的地を五ヶ瀬に決めたのですが、五ヶ瀬までの道のりはそう甘くはありませんでした。。

宮崎県に位置すると聞いていたので陽気な気候を想像していたのですが、近づいていくにつれてだんだん寒くなりしかも、五ヶ瀬の隣町『高千穂町』で一晩越したのですが夜になると雪が降ってきたんです。

 

1日目 2月13日

そんな極寒の中、一晩耐えしのぎ、ついに五ヶ瀬町に到着!!
自然学校を探して歩いていると、スーパーのおばちゃんに話しかけられ事情を説明しました。
すると、そのおばちゃんが杉田さんと連絡を取ってくれ、杉田さんがここまで来てくれることに!!

3分ほどで杉田さんが迎えに来てくださり、自然学校でお昼ご飯を食べながらお話をしてくれました。
ご飯は杉田さんの手作りでナスが甘辛に味付けされた炒め物でとてつもなく美味しい。
食べ終わった後、自然学校の話や世界中を旅した話を聞かせてもらうと、
杉田さんが働いているところを間近で見てみたい!と思い、頼み込んで住み込みでお手伝いさせてもらえることになりました!! (住むところとご飯も提供してもらいました。)

 晴れた日はとても景色がいい。

高千穂に到着すると突然の雪。

 五ヶ瀬自然学校についに到着

風の子
五ヶ瀬自然学校では平日は放課後学校(学童)を行なっていて、この後、地元の小学生たち約30名程が宿題をしたり、遊びに来たりするということなので、実際にその子たちとふれ合わせてもらったのですがみんなとても元気!!
『子供は風の子!!』
というように外で鬼ごっこしたり卓球したりと寒さなんて気にせずみんな元気に遊んでいました。


冬でも半袖で元気いっぱい

室内では卓球で真剣勝負!

みんななかよく遊んでいました!

自分の地元付近の小学校は、学年ごとに何か壁のような隔たりがあったのですが、五ヶ瀬の子は1年生から6年生までみんな学年なんて気にせず元気に遊んでいて、このような壁のない世界が本当に大切なんじゃないかと、改めて思わされました。(なので一緒にまぜてもらってしまいました笑)

夕食
18:00に一日の作業が終わり、泊めさせてもらうキャンプ場に向かいます。
自然学校から車で15分ほどで到着。
夜ご飯は、自然学校のスタッフのお兄さんとお姉さんが鍋を作ってくれました!

寒い日の鍋はとても体にしみて美味しかったです。食べ終わった後は、お話をしたりキャンプ村においてあるボードゲームをしたりしてたくさん楽しみました。

 キャンプ場からの景色は絶景。

寒い日の鍋はやっぱり格別。

スタッフのお兄さんの料理の腕はピカイチ。

 

2日目 朝食

目が覚めると薪ストーブが燃え尽きてしまったためか、3週間ぶりに布団をかぶっていたのに、とても寒い。聞くと、五ヶ瀬の冬の朝は氷点下が当たり前らしい。私は寒さにとてつもなく弱いため、しばらく布団から出れなかった。朝食は杉田さんが作ってくれた目玉焼きと美味しいお米。
特に印象深かったのがこのお米で地元のブランド米

『四億年の大地』
もう、ほっぺたが落ちるくらい美味しくて、このお米だけでドンブリ3杯は全然食べれます!!

五ヶ瀬自然学校へ
自然学校の一日はまず、掃除から始まります。自然学校を掃除し終わると、
みんな仕事に移ります。
今日の僕の仕事はお米の選別とそれを袋詰めるするための袋作り。
一見すると地味な作業に見えますが、選別は農家さんが作ってくれたお米を、一粒一粒欠けていないかを確かめる作業だったのでかなり集中力が必要とされ、とてもやりがいがありました。

一日の作業は掃除から始まる。

一粒一粒丁寧に選別をする。

 ブランド米『四億年の大地』

昼食
今日のお昼ご飯はお昼ごはんは熱々のうどん。
この地域はお昼でもとても寒いのでとっても温まりました!
スタッフの皆さんと一緒に食べるので家族で食べているような感覚です。いろいろな話をしたり聞いたりすることが出来るので、とても楽しいです。

みんなで美味しいお昼ごはんを頂く。

事務の作業はとても大変そう・・・


ナスの麻婆炒め、めっちゃ美味しい!

風の子
お昼ごはんを食べ終え、少し午前中の続きをした後は風の子の時間になるので子ども達が来ます。
もし遊ぶのに足りない道具があると、自分達で作ったり他のもので代用したり
と臨機応変に対応していて自主性が育まれていることがとても分かります!
自然と多く触れることが出来るこの環境は子どもの成長に、とても適しているなぁ~~と思いました。

温泉宿木地屋
今日はキャンプ場のシャワーではなく、車で5~7分のところにある温泉宿『木地屋』さんの温泉に入りました。
湯加減はちょうど良く、湯船につかると体がぬるぬるして上がった後はお肌がすべすべになる不思議な温泉でとてもいい泉質なんです!
営業時間は10時から21時となっているみたいなので、是非五ヶ瀬に来たら行ってみてください!!

-未分類

Copyright© フォレストピアツーリズムの宿 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.