祇園の大ヒノキ

地元では「祇園の大ヒノキ」と呼ばれ親しまれている、推定樹齢700〜800年のヒノキ。

幹周囲が7.8m、樹高27mと立派な上に、複数の幹が揃って伸びた結果、通称「神の手」と称されるような独特な姿をしています。林業家に聞いた話では、稀にこのように主幹が1本ではなく、複数の幹に分かれる物があるということです。まさに「神のみぞ知る」です。

一部、腐食のために切断されていますが、それでも残った幹が、天に向かってまっすぐに伸びています。

昔は地元集落の子ども達の遊び場になっていたようですが、同じ町内でも知られていませんでした。2000年に町が呼びかけた「地域のお宝探し」を契機に、一躍脚光をあびることとなりました。

実現はしなかったものの、某有名バイオリニストのPV舞台候補地にも選ばれたこともあります。

アクセスは、国道265号線の鞍岡商店街にある信号を左折し、橋を渡った先にT字路があります。
そこに、左折先に「祇園の大ヒノキ」を示す看板標識があります。

簡易舗装の県道を約10分ほど走ると「水の駅」があり、その先を左折して5分ほどで看板があります。
駐車スペースには3〜4台駐車が可能です。

遊歩道の坂を100mほどくだると、杉林の中に1本だけ違った風貌の目的の巨木が、忽然と姿をあらわします。

後ろ側に降りて見上げると「力強い男性の左手」と重なります。今のところ柵なども設けておらず、木に触れることも出来ますが、皮をはぐなど、木にダメージを与える行為はしないようお願いいたします。

投稿日:2018年12月14日 更新日:

Copyright© フォレストピア・FULL里体験 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.