未分類

五ヶ瀬の里キャンプ村発「午後の五ヶ瀬の歩き方@鞍岡周遊編」

投稿日:2018年3月2日 更新日:

15:00~15:30
五ヶ瀬の里キャンプ村到着

まずはバンガローのデッキで、ウェルカムドリンク(五ヶ瀬産和紅茶など)を飲みながら、逆涅槃像と呼んでいる阿蘇の大展望を堪能。

バンガローのデッキ

阿蘇の大展望(逆涅槃像)

15:30~16:00
NPO法人五ヶ瀬自然学校訪問

五ヶ瀬自然学校は、オーライ日本大賞やエコツーリズム大賞など多くの賞を受賞している先進的な社会教育組織。
平日のこの時間なら地元の子どもたちが30名程度元気に遊んでおり、一緒に遊ぶことが出来る。
理事長の杉田さんがいらっしゃる時には、五ヶ瀬町の自然環境や子育て環境の良さについてお話を伺える。
五ヶ瀬自然学校プロディースのこの地のとても美味しいブランド米「四億年の大地」2kg1,200円も購入できる。

子どもたちがいつも遊んでいるミニログハウス

地元の方が作ってくれた手作りの立札

16:00~16:45
Kuraoka footpath short course

高千穂郷88社の中で最も古い祇園神社。御神祭はヤマタノオロチを退治したスサノオノミコト。
佐貫宮司は熊本地震が起こる2年ぐらい前から「ここに多くの神様が集まって来ている、何か大きなことが起こり、ここから再生がはじまる」と言っていた。
晴れた日に境内の真中に立って空を見上げると、日差しに包まれ体が温かくなるのを感じる事が出来る。
佐貫宮司がいらっしゃる時には、お祓いやお話しもしていただける。

空気感が変わる祇園神社入り口

巨樹に囲まれた境内に光が降り注ぐ

境内の真中に立って空を見上げて見よう

樹齢800年の大ケヤキ

参道入り口の灯篭

日本棚田100選「日蔭の棚田」、真ん中はカムレ岳

16:45~17:15
水の駅笠部

祇園神社から県道202号線をくねくねと10分程度車で走ると桃源郷のような集落が現れる。
全戸11軒の笠部集落である。四億三千年前の化石が出土する祇園山から湧き出る水が飲み放題。
もちろん汲んで帰ることも出来る。
館長の奥村さんにお願いすれば季節の食の交流体験として手作りの薪のピザ釜でのピザづくり、地元婦人会の指導で餅つき、
流れないソーメン流し、手作りこんにゃく作りなどが出来る(予約制)。
フットパスコースもあり樹齢800年の「神の手」と呼ばれる大ヒノキに会う事が出来る。

1週間のログハウスづくり教室

17:15~17:45
特産センターごかせ

笠部集落からそのまま県道202号線を10分程度車で走ると
五ヶ瀬町特産品の釜入り茶となるお茶畑が美しい兼ヶ瀬集落に出る。
218号線で五ヶ瀬の里キャンプ村に帰る前に、
夜の鍋パーティーのための野菜を購入するめに特産センターごかせに行こう。

数年前から五ヶ瀬町の家庭菜園のお裾分け野菜が沢山並ぶようになった。
この時期なら新鮮な鍋用野菜がほぼ手に入る。しかも非常に安いので先ずはここに寄ってから購入し、
足りない物をスーパーで買うというのが五ヶ瀬の買い物のコツです。

消防団おすすめの宮部精肉店「特ホル」というとても美味しい豚のハラミも大人気。
鍋をするなら宮部オリジナルの「特ホル専用スープ」も一緒に購入しよう。普通味とピリ辛のキムチ味がある。
朝ご飯用にお勧めは「豆腐の梅酢漬け」、焼酎のつまみとしても最高。
他にも五ヶ瀬ワイン、釜入り茶、乾燥椎茸、かりんとう、ヤマメの甘露煮など五ヶ瀬町ならではのお土産が沢山ある。
18:00閉店なので遅れないように。

野菜の直売所が充実して来た

乾物

安くて美味しい野菜

17:45~18:10
パン工房ヤマGEN

朝ご飯は、すぐ隣の熊本県山都町にある天然酵母パンが美味しい
パン工房ヤマGENの焼きたてパンを買いに行こう。
世界の食を求めアフリカからアジアを放浪した山元さん夫婦と、
同じように放浪した息子ユウヤくん若夫婦で運営している。

最近カフェもオープンし、ランチにはピザの他、創作トルコ料理?の軽食もある。
奥さんが焼くアップルパイやブルベリーパイも美味しい。
童話に因んだ「がらがらどん」というほんのり甘いまるまるのお菓子のようなパンも人気。
18:00閉店。遅れないように。月曜定休。

素材にこだわった無添加の天然酵母パン

日持ちが良いのでお土産にも最適

18:10~18:30
スーパーみつい

夜と朝ご飯の足りない食材は、帰り道にある熊本県山都町のスーパーみついで購入しよう。
ここのおすすめは、地元「末松豆腐店」の厚揚げだ。しっかり押して水抜きした豆腐を揚げたもので、
触感が何とも言えず良い。炭火焼き焼肉のサイドに、鍋に、フライパンであぶっておろし生姜と醤油でイケル。
地鶏のたたきも焼酎のあてには最高。ビールなどのアルコールやタバコも買える。

18:30~19:00
鍋パーティー

早速、キャンプ村の管理棟で鍋パーティーの準備をしよう。
ありがたい事に管理人の伊藤さんが薪ストーブに火を入れてくれていた。
また、キャンプ村では鍋、簡易ガスコンロ、まな板、包丁、ボール、ザル、食器、お箸、コップなどなど、
全て無料で使う事が出来る。

他のゲストがいる時には皆でワイワイやるのがゲストハウスの流儀。今日はゲスト1名にホストが2名!
メニューは宮部オリジナルスープで作る五ヶ瀬特ホル鍋と、末松豆腐店の焼き厚揚げ、鶏のたたき。
先ずはビールで乾杯!ゲストの悩みや夢を聞きながら、いつしか焼酎お湯割りへ。
前日、椎葉村の夜神楽を夜通し体験したゲストは22時にはバンガローに戻って就寝。
通常は23時にお開きとしてしています。張りつめた夜空に、大きな満月がゆらめいておりました。

わさび菜という珍しい野菜があったので鍋に!

こじんまりと交流会

ごかせ温泉木地屋
五ヶ瀬の里キャンプ村にはシャワーが1つしかありません。
この日はゲストが既にお風呂に入って来ていたので、ご案内しませんでしたが、
車で5分の所に「ごかせ温泉木地屋」さんがあります。
五ヶ瀬の里キャンプ村宿泊のゲストには通常500円が300円になる割引券をお渡しております。
木地屋さんはお宿でもあるのですが、とても泉質の良い温泉もあり、ぬるぬる、すべすべの美人湯です。
露天風呂があればもっと良いのですが、それでも入る価値はあります。営業時間10時から21時。

-未分類

Copyright© フォレストピアツーリズムの宿 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.